今こそ再考する

沢山のお客様のサポートをさせて頂く中で、勿体ないと思う瞬間もある。

建物のフォルムが良いのに、そのフォルムとサイディングのカラーや張り分け範囲が上手く行ってないとき。建物の雰囲気、カラーリングは最高なのに外構がイマイチというとき。まー色々です。でもチョット気を使いながら作ることで、地域に認識されるブランドへ繋がったり、完売までのスピードが段違いで早くなったりと。変に作り込む必要は無くて、本当にキレイに仕上げるという事はどういうことか?何をすればキレイで美しい不動産商品が作れるのか?高級素材でも何でもない、普通のサイディングでも十分出来る。外構の照明を明るすぎというほど付けなくても夜の雰囲気は十分作れる。宅配ボックスを付けなくても誰も気にしない。むしろ後付けで宅配ボックスなんて自分で付けれる。とにかく細部に拘るという事が間違った方向へ行ってたりする。決まりごとなんだとは思うけれど、今こそ再考することで利益をアップさせたり、GD賞を狙ってみたり、地域ブランドを強化したり、欲しいと思えるほどの美しい商品を作ってみたり。

今こそなんだと思う。

ところで、先日こんな記事を見ました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b94d8640c17a7232c293395b6028f29bc4252eeb

以前も書いた記憶があるんですが・・・

家電を買うとき、車を買うとき、家を買うとき・・・それぞれ何を基準に購入判断をするのか?という記事。

このネットニュースを見て思い出しました。

車を購入するとき、色に拘る?車は色で選ぶ人なんて居ないんだと思う。与条件(家族や駐車場、価格)から限られた車種が選ばれ、その時点でフォルムや外観の好みの選別が終了し、あとは「色」を選ぶか「グレード」を選ぶか?ぐらいなもんです。

色がこの色好きだから、この車!ってなりませんよね。

色は時代や社会情勢などによって、好みや流行が変わってくる。家も同じで時代や社会情勢、経済情勢などによってフォルムや色味も売れ筋があると思う。

ようするに、昔の張り分けとか組み合わせとかではなくて、もっと雰囲気を上げる組み合わせや色味を使うというところ。

車の色でさえ、時代背景によって様変わりしている中、建物はずっと同じである。やっぱり色々あるほうが楽しい。チンドン屋みたいな家はどうかと思うけども、街並みで美しさを感じる雰囲気って大切なんだと思う。

 

今こそ、いろいろ再考し、チャンスに変えていく瞬間なんだと。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*