室内緑化

打合せの時間調整で立ち寄った中部地方のとある地方にあるカフェ。カフェというかコーヒーbarという軽い感じのお店。ここに寄りたかったわけでは無く、ただ近くにあったの立ち寄っただけ。店舗に入ると、富士山の溶岩を利用したような壁面緑化。壁面というには大袈裟だけど、あまりジロジロみるわけにはいかず、写真を許可を得て撮影。コーヒーを撮るのではなく、なぜか壁面を。カウンターの下を緑化しているので、少し気を付けないといけないのだけど発想は面白い。どのぐらい期間この状態を維持しているのか?分からないけど、なかなかディテールは可愛くそして印象はヨカッタ。他にも同じようにあらゆる場所にあったけれど、この垂直面以外はあまり生育が芳しくない。自動潅水でも無さそうなので、オーナーが定期的に潅水してるんだと思うけど、コーヒー好きのオーナーでないと豆にいやマメに管理できないだろうと思う。ちなみに僕のお客さんの中で唯一自動潅水装置を全戸に取り入れている会社がある。商品である住宅が完成して、引き渡しまでの間も自動潅水装置のおかげで、活き活きとした緑でお客様の印象も良い。さらには面倒な散水作業を営業の方や購入者であるユーザー様がしなくても良いというのが、とっても評判イイみたいです。最初から立水栓を二口にして潅水装置を取り付け、配管ルートを考慮した外構計画であれば、最初から導入するのは案外簡単で費用もかからない。販売時のメリットを考えるとかけたコスト以上に良い事がある。販売したあとに緑が枯れて、どーしようもない状態になる自社物件よりも、なるべく美しい緑の状態を保てる自社物件の方が評判イイに決まっている。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*