夜景を撮る。

大階段のある街の夜景を撮影。アプローチの殆どは階段なので、光が目に入らないように基本は光源にカバーしたり、傘を付けて路面への照射に配慮しています。また、光源を出来る限り小さく、規則性を無くすようにすることで接道側から見上げた時の雰囲気と光害を抑えるように考えています。建物はそれぞれ間取りを敷地形状に合わせて工夫していて、何と言ってもリビングやテラスから視界を邪魔することなく街の夜景を一望できるのが良いです。参考までに・・・。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*