違和感

先日、こんなこと聞かれました。

「新しい住宅地って違和感ないですか?住宅と外との一体感が無いというか」

私もそう思ってます。そんなことが無いように、できるだけ気を使ってアイディアを図面化しています。現場もできるだけ自分たちのハンドクラフトで拵えるように頑張っています。

特に気を付けているのは、シンプルな構造や素材をそのまま使うということや単純構造を丁寧に汲み上げるということです。意外と難しいものです。

普通は、豪華に見せたり粗を見せない様に仕上げ材を使ったりするのですが、それをできるだけやりたくないのですが、厚化粧をしたがる人もいます。たまには厚化粧もいいのですが。

それはそれは、ほんと時間と手間はかかります。

現場によっては、時短を求められることもあるので、全部の現場は難しいのですが
お客様の要望があれば、どこまででも付き合うことが出来ますし、対応は致します。

控えめの美学という言葉があるのですが、外構部分は住宅地のフィニッシュになるので意外と化粧と思う人が多いのかもしれないですが、自分はそう思ってないです。外部環境は、住宅に寄り添うもので、控えめにそっと近くにある・・・そんな感じ。

最後を豪華にしてしまうと、やっぱりどこかやり過ぎ感は出てしまい、最初に書いたような「一体感が無い?」みたいな違和感に繋がってしまうのかなーと。

住宅地自体のコンセプトや住宅の作り方、街感、お客様へ何を伝えて何を売りたいのか?この辺が一連の流れになっていると、豪華に化粧してもそれはそれで上手くいっているので、考え方次第なのかもです。

最後は、ちょっと秋の景色を(iPhoneのチョイ撮りです)

S__4866052 S__4866053 S__4866054 S__4866055 S__4866056 S__4866057 S__4972547

<今日の音楽>

12月の雨

※もしかしたら前もアップしたかも。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*